おすすめソリューション① 専用ファイルサーバ
乱立しているファイルサーバを統合して、設置スペースや電気代の削減、管理負荷の低減を実現可能!
また、FASシリーズを利用してデータを管理頂くことで流行りのランサムウェア対策も実現可能!!
ファイルサーバが乱立していて管理が大変・・・
障害でよく落ちる、
データ保護が心配…
容量不足による拡張が
大変でコストもかかる…
ランサムウェアやウィルス
への感染が心配…

●コントローラは二重化されているので、一方が停止したとしても、もう一方で運用継続可能!

●2台構成の際コントローラの冗長化は勿論、災害によりメインサイトダウン・FAS障害でも、DRサイトで早期復旧可能

●データ保護力もパフォーマンスも兼ね備えた独自のRAID方式「RAID-DP」を採用

●重複排除や圧縮機能で、ディスク使用量の節約が可能!

●容量不足の場合も、ボリューム拡張・縮小、物理ディスク増設が全てオンラインで実施可能!!

●独自設計されたOSを利用しているため、感染のリスクは心配なし!

●万が一、NetApp内のファイルが感染・暗号化した場合もSnapshot領域からの コピー&ペーストで即時復旧可能!

コントローラ二重化で
一方が停止しても運用継続
余っているところから
足りないところへ
割り当て
コピー&
ペースト!
Snapshotは
1023世代まで取得可能
おすすめソリューション② 仮想環境データストア
FC、FCoE、iSCSI、NFS、CIFS / SMBなどマルチプロトコルに対応しているので、
ご希望のプロトコルで仮想環境のデータストアとして利用可能!
また、バックアップ連携ツールも提供しており、仮想マシン単位でのバックアップ/リストア環境も簡単実装!
バックアップソフト不要で仮想マシンのバックアップ/リストアを実現可能!

●NetAppなら、vCenterからストレージの操作や、静止点の取れたバックアップ/リストアが可能な連携ツールがあるから心配無用!

●vCenterのGUI画面からストレージの操作が可能なので管理者に優しい!

●DR構成の場合、DR先へのバックアップ含めて自動化!

おすすめソリューション③ クラウド連携
クラウド領域へのティアリングやクラウド環境でのデータ管理などの連携が可能!
NetAppでデータを管理すれば、オンプレ、クラウド問わず容易にデータ管理が可能!
FabricPool
Cloud Volumes ONTAP(CVO)

アクセスの少ないデータをクラウドに自動階層化

FabricPoolは、フラッシュストレージとクラウドを連携し、1つのデータプールに見せ、さらにアクセス頻度に応じてデータプロックを自動階層化する機能です。
アクセス頻度の多いホットデータはフラッシュストレージに残し、アクセス頻度の少ないコールドデータはクラウド上のオブジェクトストレージなどのコストが低いストレージへ移動させることで、コストと設置面積の削減を実現します。

●クラウド上デプロイする「Software Defined ONTAP

●ONTAP のデータマネジメント機能をAWSAzureで利用可能に

●オンプレ・クラウド上の ONTAPをOnCommand Cloud Manager(OCCM)で一元管理可

vCenter上から簡単にバックアップ/リストアを実行
ホットデータはフラッシュ、
コールドデータは低コストの
オブジェクトストレージへ、
データを自動階層化

pagetop